Sound of Life

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

あなたのことが だいすきよ

クッキーが旅に出てから、10ヶ月が過ぎようとしている。
気付けば、1周忌はもう目の前。
ついこの間まで一緒にいたような気がするのにな。

迎えたこの6月は…ちょっと特別。
1年前、クッキーが最後の頑張りを見せ始めた時だから。
奇跡をいっぱい起こし始めていた時だから。
お友達がクッキーの回復を、一緒にいっぱい祈ってくれた時だから。
思い出すと、喉の奥がツンとする。切なくなる。

思い出して うわ〜ん って泣きたい時、
私に元気をくれるコがいる。


それが、ラビン。



彼の小さい頃を知っている。
一番オトコ前だった時期も知っている。
でも、この4〜5年、会いに行けずにいた。

クッキーが旅立って1ヶ月が過ぎた頃、急に気になった。
そういえば、ラビンはどうしているだろうか…と。
思い立ったらすぐ行動!!すぐに会いに行った。

久しぶりに見たその姿に、私は絶句した。
そばに家の人がいなかったら、きっと抱きしめて泣き出しただろう。。。
ラビンは別のわんこと見間違うほどに、小さく小さくなっていた。



いろんな感情が体中を駆け巡った。
いろんな想いが吹き上げた。
私はその想いを全部抱えたまま、毎週末ラビンのもとに通い始めた。
ラビンに会う時間は嬉しくて楽しかったけれど、同時に苦しかった。
自分自身に対する問いかけに、出てくる答えは毎回違って
私の心の中は何ヶ月も、嵐が吹き荒れているようだった。

ある時、張り詰めていた糸がプチンと切れた。
電話で友達に話しながら大泣きした。
大泣きしたら、何ヶ月間もぐるぐるしていたものがすっきりして
たったひとつだけが、心の中にはっきり見えた。

   今、私が出来ることを、私に出来るめいっぱいでやる

たどりついた答えは、当たり前すぎるくらい当たり前のことだった。



こうみえて、実はラビンはもう12歳を過ぎている。
今からでも、ラビンが
  この世界に生まれて来てよかった!
  時々でも楽しいことってあるんだ!
…って、そう感じてくれる瞬間がほんの一瞬でもあってくれれば、
そんな瞬間をほんの少しでも与えることが出来たら、
私もまた幸せだな…と思う。
今はあの頃の嵐がうそのように、心は静かだ。
時々は小さな葛藤もあるけれど、それでもずっとずっと穏やかだ。

ラビン 生まれてきてくれてありがとう。
いつも一緒にいられなくても、いつもあなたを想っているよ。
わたしはあなたが大好きよ。



クーちゃんにお願いがあります。
おねえちゃんがラビンのそばにいられない時は、守ってあげてね。
たのんだよ。


ひとりごと | comments(26) | trackbacks(1)