Sound of Life

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 片想いが成就した日。 | main | 一針一針に想いをこめて。 >>

光の中に。

14日の土曜日。
助産師のお友達が主催した、
宮崎雅子さんの写真展&アイリッシュハープの演奏会のため、
埼玉の鶴ヶ島へ出かけてきました。

主催したのは、
私がガイアの上映をするきっかけをくれたお友達 Rieちゃん。
Rieちゃんはスーッと真っ直ぐで、優しさの中に静かな強さを秘めた人。
同年代だけれど、大きなあったかい人柄に
私も「おかあさん」と呼びたくなるような不思議な人だ^^
初めて出会った時、生後7ヶ月くらいだった娘ちゃんは
すっかり大きくなり、かわいいレディになっていた^^

私にガイアの上映を決意させた、あの写真と久しぶりに再会。
上映会までの半年間、一緒に歩んでくれた”あの写真”とも再会。
もちろん、雅子さんにも久しぶりに会うことができて
なんにも始まってないのに、
会場に入った途端、涙がこぼれそうになった。

雅子さんの写真が会場いっぱいに飾られて、
写真たちに見守られるようにして、アイリッシュハープの演奏が始まった。
私は演奏者・みつゆきさんの向こう側にある、
小さな窓から見える灰色の空を、ぼんやり眺めながら聴いていた。

初めて聴いたその音色は、
控えめで、澄んでいて、とってもやさしくて、あたたかかった。


不思議な感覚がしたのは、3曲目に入った時だった。

窓の外は灰色の曇り空と、
赤く色付いた木の葉が少し見えるだけだったのに
ふわっとした光が雲間から差し込んでいるように見えた。
その光を感じていると、光は段々と強くなり、
やがて金色に変わっていった。
私自身が光に包まれるような感覚がして、
あたたかさを感じたその時、
…見つけてしまった。。。
今も変わらず、大好きで大切なクッキーを。。。

クッキーは、金色の光に包まれて、静かにそこにいた。
『あぁ〜クーちゃん、今はそこにいるのね』
そう思った途端に涙が止まらなくなった。
この光の中にいるなら大丈夫だね。
冬の日に、ふたりで窓際で日向ぼっこしてる時に感じた
あのぽかぽかのお陽さまの光によく似てるもんね。
よかったよ、クッキーが今もニコニコで。
おねーちゃんは安心しました。



大泣きしたのは、不思議とその曲だけ。
クッキーに会えたのも、その曲だけだった。

あの空間がプレゼントしてくれた大切な時間。
主催してくれた友達がいて、
誘ってくれた友達がいて、
いろんな出会いが繋がって出会えた人たちがいてくれたからこそ、
頂くことができた、クッキーとの新しい時間。

本当にどうもありがとう。
私はこの日をきっとずっと忘れないよ。
宝物の1日がまた増えました。

クッキーのこと | comments(3) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

よかった。。宝物だ。




なのに、翌日は妙なものを見せたのでは・・・と心配です。
hiro | 2009/11/18 2:15 PM
クッキーは本当にあさちゃんが好きだったんだなあ
きっと必要な時に姿を見せてくれたんだね

そんな大切な時の後に駆けつけてくれてありがとう
嬉しいです
ケイコ | 2009/11/18 4:12 PM
年を越してしまったから、
もう気付いてもらえないかもしれないけれど…

hiroさん、ケイコさん コメントありがとう。
お返事、ずっとできずにいてごめんなさい。

*hiroさん
自分の宝物になるものは、
目に見えるもの、手で触れられるものだけではないですね。
そして、意外なところに隠れていたりもします。
この日のことを思い出しながら書いている今も、
やっぱり涙がこぼれそう。本当に大切な時間でした。

翌日は、hiroさんの素敵なフラメンコ姿をみることができて
嬉しかったです〜。かっこよかったです〜、とっても!
またどこかで踊ることがあったら、絶対教えてくださいね〜!
直前に誘ってくれたケイコさんに感謝!

余談ですが。
あの日、hiroさんのフラメンコを観に行った会場で
私、ちょっとある人と出会うための、小さなきっかけをもらったんです。
本当に小さな小さなきっかけだったけれど、
今、その人と出会えたことがすごく嬉しいのです。
その話はまたいつか。。。


*ケイコさん
クッキーが旅立ってから、今日で半年が経ちました。
今も変わらず、私はクッキーのことが大好きです^^
あさみ | 2010/02/10 9:45 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sound-of-life.jugem.jp/trackback/131
この記事に対するトラックバック